スキャニングサービスのご案内

ただいまキャンペーン中!抽選で作業料が無料!! 詳しくは⇒コチラ

サービス概要

スキャニングサービスとは

スキャニングとは、書類など紙状のものをスキャナーという機械に通して、パソコンなどで扱える電子情報として取り込む作業を言います。

電子化すると何がいいの?

書類を電子化することによって、様々なメリットがあります。
まず、書類を保管するスペースが必要なくなります。
そして、電子情報なので汚れたり、傷んだりといった心配もありません。
また、スマートフォンやPDAなどの情報端末でも閲覧が可能なので、本体の記憶域や小さな記憶媒体に何十万冊といった情報を持ち歩くこともできます。

作業の流れ

(1)原稿の状態を確認してスキャニングできる状態に加工します。
ホチキス止めや製本されている原稿はバラして1枚ずつの状態にします。
また、ここで原稿の異常の有無やスキャニングに適さない原稿はないか、両面原稿か片面原稿か、カラー印刷されたものかなどを確認します。

(2)原稿をスキャナーに通します。

(3)PCにて取り込んだ電子データに異常がないか目視でチェックします。
ページ抜けや斜行などの取り込み異常がないか入念にチェックします。
また、ここで白紙のページがあれば削除します。

(4)後作業があればここで行ないます。
ファイル名変更やPDFしおり付けなどのオプション作業がある場合はここで行ないます。

(5)納品します。

標準仕様とオプションサービスについて

標準の取込仕様について

カラー / モノクロ カラー原稿はカラーで、モノクロ原稿はモノクロで原稿通りに取り込みます。
原稿サイズ 定型サイズ ~A3 まで
不定形サイズも可能(自動判別の為サイズの指定は不可)
解像度 300dpi
1ファイルが大きくなりすぎる場合、適宜200dpiに落とします。
ファイル形式 マルチページPDF(標準)、JPG

オプションの詳細について

PDFしおり付け PDFファイルの内部にインデックスをつけます。
しおりを付けることによって、本の目次のように瞬時に目的のページを見つけることができます。
OCR スキャニングの際に文字情報を認識して内部的に文字データを付記します。
これにより、大量のページがあるファイルからも内容の検索やテキストのコピーなどができるようになります。
認識精度は一般にスキャナーや処理ソフトの能力に左右されるので、100%にはなり得ません。
メディア納品 電子化したデータを光学メディアにて現物納品いたします。
DVD-R、BD-Rはそれぞれ対応するドライブが必要です。